<< おめでとう、コリアニウム | home | 西海もあるニダ。西海は無いアル。 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
環境は税金のタネ
「美名は税金のタネ」では、燃費が相対的に良くない車に対する課税について書きましたが、今度もやはり環境。

環境という大義名分の下に、暫定を恒久に切り替えるわけです。まあ、暫定といっても恒久と大差は無いのが実態ですけれども。暫定税よりもわずかに低い税率に抑えるのが国民のために頑張っている証拠のようです。姑息。

暫定税は、自動車、道路関係の目的税だったと思いますが、今度は使用目的が環境。自動車関係の税金は、またどこかで作られ、とられるのでしょう。あわせたら増税だろうさ。

ガソリン税は50円程度…環境税の概要固まる
-- (引用開始)(2009年11月11日06時07分 読売新聞)--
環境税の概要が10日固まった。

 焦点となっているガソリンに対する課税については、欧州連合(EU)が加盟国に求めている基準(1リットル当たり約47円)以上、暫定税率を上乗せした現行税率(1リットルあたり53・8円)を下回る範囲にとどめる方向で50円程度で調整している。

 石炭や天然ガスへの課税は現在の石油石炭税に上乗せして対応する。二酸化炭素排出量1トンあたりの税率は石炭が291円、天然ガスが400円とEU諸国の2分の1から3分の1程度にとどまっており、それぞれ新たに上乗せした税率を環境税として位置づける。2010年4月の暫定税率廃止と同時期の実施を目指す。環境省は11日の政務三役会議で決定し、政府税制調査会に提出する方針だ。
-- (引用終了) --

BlogContest3



スポンサーサイト
民主独裁 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< おめでとう、コリアニウム | home | 西海もあるニダ。西海は無いアル。 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。