<< ロハス「下野真緒」は死んだほうが良い | home | 韓国のように減らず口を使わない >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
食中毒にご注意ください。 in 韓国

あーあ、こんなことを日本国の公式な情報として掲載したら、大使館の立て直しなんてできないようなあ。
でも、掲載した日付が載っていないとか、文書としての体裁をなしていないな。URLからすると7/24だ。遅いよなあ。ごみギョーザとか、つば入りキムチとかはどうなったんだろう。

-- (引用開始)(在大韓民国日本国大使館) --
食中毒にご注意ください。
食品医薬品安全処は、6月17日から7月3日にかけて、夏に多く消費される食品を料理・販売する飲食店や大型マートなど、全国1,599か所で冷麺など2,038件を検査した結果、59件で大腸菌などが検出され(詳細こちら)、管轄地方自治体に営業停止など行政処分を依頼したことを明らかにしました。

今回の検査対象は、①冷麺・コングクス775件、②のりまき・すし822件、③弁当85件、④かき氷・サラダ295件、⑤食用氷61件など、計2,038件であり、大腸菌と食中毒菌に対する検査が実施されたものです。

検査の結果、冷麺・コングクスの47件で大腸菌が、のりまきの場合8件の大腸菌と4件の食中毒菌(セレウス菌)がそれぞれ検出された由です。(それら以外の弁当、かき氷・サラダ及び食用氷は全て適正だった由)。

※大腸菌は人と動物の糞便に存在するため糞便汚染の指標菌。
セレウス菌は土など自然界で広く分布し、高温にも耐える耐熱性菌として代表的な食中毒菌。

食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、発生する危険性がたくさん潜んでいます。ただ、家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず重症になったり、死亡する例もあります。厚生労働省では「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」を同省ホームページに掲載しておりますので、参考にしてください。

-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
反日 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< ロハス「下野真緒」は死んだほうが良い | home | 韓国のように減らず口を使わない >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。