<< カタカナの起源は韓国ニダ/小林芳規@広島大学名誉教授 | home | 壮大なコンプライアンス違反 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
払いたくて仕方がない新日鉄住金

対応が遅いよなあ。日曜の朝、産経新聞(駅売り)で読んだのが八時前。日曜日でお休みだったのでしょうかねえ、コンプライアンス関係者、総務部員。その日のうちに対応しろよ。タイトルもピンボケだよ。

払わないなんて一言も書いてないよ。正当性が認められなかったら払うという宣言だよねえ、これ。

新日鉄住金広報担当者は「上告中であり、なぜ記事が出たか分からない。」と答えたそうですが、記事が正確だということを裏付けていますね。リークしたことに対する不満であり、不正確であることに対する不満ではありません。コンプライアンス違反か、ガバナンスの崩壊かは分かりませんが、終わっているよね、この会社。

-- (引用開始)(新日鐵住金株式会社2013/08/19) --
昨日(8/18)の一部報道について

昨日(8月18日)、当社が韓国の戦時徴用訴訟において敗訴時に賠償の意向、との一部報道がございました。
当社は、先般のソウル高裁の判決は、徴用工等の問題を完全かつ最終的に解決した1965年の『日韓請求権協定』、すなわち国家間の正式の合意を否定するなど不当な判決だと考えており、7月30日に大法院(韓国最高裁)に上告いたしました。
今後、大法院にて、当社の主張の正当性を明らかにしていく所存です。                   
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
反日 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< カタカナの起源は韓国ニダ/小林芳規@広島大学名誉教授 | home | 壮大なコンプライアンス違反 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。