<< 上瀧浩子さんの素晴らしいメッセージ | home | 桜エンブレム >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
土田晃之(だれ?)が安倍首相を「てめえ」呼ばわり
売国なのかどうか分かりませんがね。日本を売国できるのは日本人だけ。

話している内容も意味不明。戦争を抑止するためのものであり、万が一に起こった時に守るためのものなんだけれどなあ。戦争が起こらないように注文するのは、ちゆうごくに対してだろう。


-- (引用開始)(livedoor news 2015年9月22日 9時43分) --
20日放送のラジオ番組「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)で、土田晃之が、安倍晋三首相に苦言を呈する一幕があった。

番組では、「ニュースのへそ」と題し、安全保障関連法案の可決をはじめとしたニュースを報道。

土田は「今週もいろいろありましたけど、一番(気になるニュース)はやっぱり安保でしょうね」と切り出し、安保法制についての自身の考えを述べ始めた。

安倍首相の安保法制に対する姿勢について、土田は「安倍さんはもうちょっと国民の人たちに納得できる、『絶対この先戦争は起こりませんよ』ということをちゃんと説明してからじゃないとね。ちょっと焦りすぎ」とコメント。

さらに、土田は「焦ってる感じが、なんかテメエがただ歴史に名前を残したいだけなのかな、みたいな」「おじいちゃん(岸信介元首相)を超えたいんでしょ、あの人」と斬り捨てたのだ。

また、土田は「『俺は憲法いじったんだぜ』くらいには思ってるのかな」と漏らし、戦争が起こらないようにしてほしいと強調して、この話題を締めくくった。
-- (引用終了) --


BlogContest3


スポンサーサイト
売国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 上瀧浩子さんの素晴らしいメッセージ | home | 桜エンブレム >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。