<< 【朗報】瀬戸内寂聴が「死刑廃止」を粉砕 | home | テロに屈した行橋市 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
佐野元春の黄昏

還暦を過ぎたばかりの方かと思いますが、黄昏か老醜か分かりませんが、何を言い出すことやら。昔からこの類の方だったのでしょうか。歌い手がアーティストとか言われて久しいですが、持ち上げすぎです。

引用先がいまひとつはっきりしないのですがが。

-- (引用開始)(ローリングストーン日本版 2016年10月号) --
「SEALDsはなぜここまで嫌われたのか」

てっとりばやく思う

連中は、疎ましかったんだろう
SEALDsの遠慮のない若い賢さが
SEALDsの希求する刹那が
SEALDsの気ままな無頼が

連中は、目障りだったんだろう
SEALDsの不規則な若い正しさが
SEALDsの粗放な思想が
SEALDsの身軽な自立が

連中は、イラついたんだろう
SEALDsの野蛮な若い誇りに
SEALDsがかばう正義に
SEALDsが描く愛国への憧憬に

SEALDsは嫌われたんじゃない、怖がられたんだ
いつの時代でも、自由な存在を怖がる連中がいる

佐野元春
-- (引用終了) --


BlogContest3


スポンサーサイト
サヨク | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 【朗報】瀬戸内寂聴が「死刑廃止」を粉砕 | home | テロに屈した行橋市 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。