<< 聖火のスタート点が空き地?? | home | 中共、便衣兵を動員へ >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
【馬鹿ネタ】インド、タタ・グループに思う
BRICSの一翼であるインド経済が熱い。製鉄のミタル(Mittal Steel Company)もすごいけれど、タタ・グループ(Tata Group)について、興味深いことが産経新聞に書いてあったので、ついここで書きたくなった。しかし、いつの記事かを忘れてしまったので、おぼろげな記憶で書く。
それは、創業者の思いの原点が、「インド人、入るべからず」という看板だということ。植民地時代には、そういうことがあったらしい。上海にもあったそうですが。
その思いはインド全体に共通しているようで、今回のジャガーの買収は、好感をもって迎えられているそうだ。ジャガーがインドの傘下に収まったことに、寂しい思いをしていたが、私も喜ぶことにした。ただ、あまりにも高い車だから、絶対に買うことはありません。

さて、「タタ」で思い出すのは、母の思い出です、かなりほろ苦い。
あれは、小学生の低学年の頃。漢字の書き方を母親から教わっていました。「多」という文字がありますね。あれを、何十回書いても「タタ」にしかならなかったのです。母親は、愛想を尽かしました。それが母親から学校の勉強を教わった最後です。

幸い、母はまだ元気です。勝手に殺さないでくださいね。

BlogContest3




スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< 聖火のスタート点が空き地?? | home | 中共、便衣兵を動員へ >>
コメント
日本人、入るべからず
韓国に行くと、そんな表示があるそうですね。
韓国以外に行くと、どうなっているかは、韓国の人には内緒にしましょうね。
2008/04/21 Mon| URL | mayo5
[ 編集 ]
馬鹿ネタが一番好きな私は馬鹿なのでしょうか?
勝手に決めてもいいですよ^^。
2008/04/21 Mon| URL | うめぼし
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。