<< 【馬鹿ネタ】長野に愛国難民が?? | home | 聖火、アンケートのお願い >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
移り行く春
高田馬場の春は、早稲田の受験で始まる。朝、駅が受験生でごった返す。しかし、その恒例の行事も、呆けていると黙って過ぎ去ってしまうようになった。スイカの登場が駅を静かにした。以前は、「帰りの切符をお求めください」の放送があったが、最近はなくなってしまった。

早稲田の春の第二段は、三月頃?の駅前の勧誘である。合格が決まった頃、アパートだとか、何かとチラシ配りが多かった。最近は、何の勧誘が多いのか、ちらりほらり程度かな。摂理とか、新興宗教の勧誘強化期間だそうだから、新入生は気をつけなくてならない。・・もうすでに遅いのだが。

そして、四月、一番うるさい季節が来る。サークル等の待ち合わせ、コンパ。二次会に移る前に、歩道での駆け引きを見るのが楽しい。どういうグループが出来るか、男女とも品定めをしていて面白い。

以前、高田馬場あたりに住んでいたころ、真夜中に酔っ払いが大声で歌いながら歩いていたことがしばしばあった。「都の西北」と聞こえてくるのだから、地域住民としては許すしかない。私は許すが、早稲田は私を拒否してくれた。

BlogContest3



スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 【馬鹿ネタ】長野に愛国難民が?? | home | 聖火、アンケートのお願い >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。